米・FBI、NASに炭疽菌郵送事件の報告書の発表延期を求める

米・連邦捜査局(FBI)は、2001年の炭疽菌郵送事件の容疑者を、自殺した米国陸軍医学研究所の研究者であるBruce Ivinsと結論づけた。(関連記事は、こちら)しかし、その結論には疑問を投げかける声も多く、FBIは根拠となった証拠の科学的妥当性について検証する委員会の発足を、全米科学アカデミー(NAS)に依頼した。(関連記事はこちら

委員会の報告書は、当初、今年の10月に完成を予定していたが、FBIの要請により、2011年の2月まで発表が見送られることになった。FBIは、発表を遅らせる理由を新たな追加調査を要請するためとしているが、「NASに、圧力をかけることが目的ではないか」といった憶測もささやかれている。

Science Report on FBI Anthrax Probe Delayed Again
HSToday Thursday, December 9, 2010
http://www.hstoday.us/content/view/15683/149/

F.B.I. Asks Panel to Delay Report on Anthrax Inquiry
The New York Times Thursday, December 9, 2010
http://www.hstoday.us/content/view/15683/149/

FBI Wants Anthrax Attacks Report Postponed
Global Security Newswire Friday, December 10, 2010
http://gsn.nti.org/gsn/nw_20101210_7654.php

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です